インタビュー 川勝 | 千代田区のデザイン・WEB制作会社 | 株式会社CLANE(クライン)
INTERVIEW

社内インタビュー

自分の技術が人の役に立っているのを実感しています。

開発事業部 バックエンドエンジニア川勝 翔太

川勝 翔太

PROFILE

川勝 翔太(kawakatsu shota)
2020年12月入社
開発事業部 バックエンドエンジニア

クラインに入社するまでのことを教えてください

クラインに入社するまでは、ずっとk-popの練習生をしていました!
プライベートまで縛られるような生活をしてたんですけど、自由が欲しい!ってずっと思ってました。まあ元々、プライベートまでが縛られるということは知ってはいたんですが…!思ったより自由がなくて(笑)

自由の中でも、時間と場所に縛られずに働ける仕事に就きたいと思って、コーディングを勉強し始めたんですが、独学では案件取得まではできないと感じて、スクール等で実務案件を触らせてもらえる環境に移動したいなと思ってたところ、クラインのインターン型実践講座を見つけたんです。

▼ 弊社のインターン型実践講座
https://clane-intern.com/

そこでは課題をこなしたり、インターン生同士で勉強会したり、コーディング以外のこともいろいろ学びましたね。すごい楽しかったですよ!

クラインに入社したきっかけは何でしたか?

クラインの業務委託中に、上京することを伝えたんですが、その時にオファーをいただきました!
ある案件で、かなり納期が厳しくて寝られないような時があったんですよ。でも、周りのみんなで協力して頑張っていたことがあって。ただ内容は詳しく言えないんですけど、山本さん(クラインの代表)の案件を受けた理由が、お金のためでなく「知り合いの会社の社長さんで、助けてあげたい。」って言ってたのを聞いて、お金のためじゃなくて、誰かのために仕事をするという部分が僕の価値観ともあって、この会社で働きたいと思いましたね。

悩みを抱えている人たちを、自分の技術で人助けができるというのは素晴らしいことだなとその案件ですごい実感しました!まあ、ぶっちゃけ徹夜は結構大変だったんですけどね(笑)でも楽しかったですよ!

川勝 翔太

なんかかっこいいですね。ところで、入社後はどんなお仕事をされていたんですか?

WEBコーディング、システム開発をしています。今はメインはシステム開発です。
WEBシステム開発は、要件定義とかっていうよりはバックエンドのプログラミングを書いています。PHPでバックエンドの開発を行っています。最近では、Laravelを使ってシステム開発をしたりしています。
具体的には、ECサイトのシステム開発ですね。最近だと、決済システムが、普通のECサイトの設計と違って複雑ですごい大変でしたね。

他には社内の業務効率化のシステムを作ってます。クラインでは教育事業もやっていて、そこの業務フローの効率化のために社内システムを開発しました!これができた時に、その事業に関わっている人から、「ありがとう!」って言葉をいただけた時はすごいうれしかったですね。 こういう業務効率化や、受託両方できるのはクラインの魅力の1つだと思ってます!

業務で印象に残っていることはありますか?

そうですね…、一番印象に残ってるのは、さっき言った話(徹夜した案件)ですね(笑)
ちょっと業務に関係ないかもしれないんですけど、誰かの誕生日の時に誕生会するカルチャーはいいなって思いますね。来月は僕が入社してから初めての誕生日なので、楽しみですね。何もらえるんだろう〜(笑)めっちゃ楽しみです!
あとは社員同士のプライベートの繋がりもあったりするのもいいですね。よく一緒にジム行ったり、ご飯行ったりしてますね。

川勝 翔太

仕事をする上で大事にしているところはありますか?

業務を効率化することはものすごく意識していますね。例えば、たくさんの案件をやっていく中で、一度やった案件の機能実装は次の案件で使えるようにコンポーネント化して、効率アップさせることを意識しています。案件をやっていく中で、作業量が増えていくので、効率化せざるをえないので…。

あと、自分で実装したものは誰かのために共有したいと思う方なので、そういう時のために残しておくっていうのもありますね。

どんな人と一緒に働きたいですか?

やっぱり自走力がある人が来て欲しいですね。
第一声で「わからないです!」じゃなく、まずは一度調べてやってみて、できなかった場合に聞いてきてくれる人。とりあえず、自分でなんとかやってやる!というマインドセットがある人だと最高ですね。
「わからないです!」って聞くことは、相手の時間を奪っていることになっているので…まあ、本当にわからない場合は仕方ないんけどですけどね(笑)

あとは、仲間を尊重できる人が来てほしいです!クラインの人は、お互いを尊重して仕事を進めることができる人たちが多いので、そういうことができる人にきていただけたらいいなと思います。

ありがとうございます!それでは最後に、クラインに入社したいと考えている方たちへメッセージをお願いします!

技術が優れているということもすごいけど、自分のやっている業務が誰かの役に立っているという感覚でやって欲しいです!
今まで自分の中で失敗したくないという思いが多かったんですよ。ただ、失敗というリスクを背負った状態の仕事の方が誰かのためになることも多いってことに最近気づいて。

技術があってできる!という状態で、できることに越したことはないけど、技術がない状態で、失敗するリスクを背負った状態でも、誰かのためになる!役に立てる!とおもったら、どんどん挑戦できる人にきて欲しいです!
ぜひ、僕と一緒に挑戦しましょう!

クラインでは私たちが掲げる
理念に共感し、
一緒に働ける
仲間を募集しています。

エントリー

現在募集中の職種