ランディングページ制作 | 千代田区のデザイン・WEB制作会社 | 株式会社CLANE(クライン)
    landingpage production    

ランディングページ制作

ランディングページ制作は、
このような想いの方におすすめです

  • 売り上げの上がる
    ページが欲しい
  • BtoBでリードを
    多数獲得したい
  • 制作したけど
    運用が上手くない
  • どこに頼むべきか
    わからない
  • 現在の運用企業に
    不満がある
  • 広告配信での
    集客を考えている

短期間で失敗しない
売れるページを実現します

リードや売上獲得のためにランディングページ(LP)制作の検討を考えている方へ。
自社のクリエイティブチームや格安フリーランスにてページ制作しても、
思わぬ壁にぶつかり失敗を経験される企業様も少なくありません。

PDCA 契約→実行→検証→改修
ランティングページの集客やCVを増やすためには、徹底した自社のビジネスモデルの深い理解や、エンド顧客の理解が必要です。

加えて、この土台の上にデザインやコピーライティング、広告手法などのノウハウが必要になってきます。

顧客やビジネスモデルの理解を行い企画を制作するマーケターから、それを表現するデザイナーにバトンタッチを行い、より成果のでるランディングページをお作りいたします。
ROLE

ランディングページの役割とは

ランディングページとは、商品やサービスの訴求に特化したWEBページです。主にリスティング広告や、バナー広告のリンク先としてよくみられます。

主な役割は商品やサービスを訴求して、コンバージョン(制約)を上げることです。顧客の集客からコンバージョン誘導までを単独で行えるように設計されており、セールストークを1枚のページで表現したような構成になります。

「売上を上げる」という役割を遂行するには、商材や顧客を深く理解しコピーライティング・デザインに落とし込む必要があります。実際に制作した後は、顧客が途中で離脱する(読まなくなる)ポイントを分析・対策(運用)を行います。

これらを1つ1つこだわることで、成果の上がるランディングページになります。
「リスティング広告」「バナー広告」「SNS広告」といった広告のランディングページに遷移し、商品やサービスの内容を見た顧客が成約やお問い合わせをするといったフローになっています
FEATURES

成果のでるランディングページの特徴とは

商材と顧客を理解した企画になってるか

ランディングページ制作ではページの目的を決め、目的に沿った企画にする必要があります。



クラインがランディングページ制作させていただく際は、まずはお客様の課題をヒアリングさせていただきます。徹底的にヒアリングを行うことを重視し、誰よりも深く理解することで訴求のズレを防ぎます。
マーケターが徹底的に企画を作り込むことで初めて、その後の手法論・テクニックが効果的になります。




企画のポイント
  • サービスや商品をよく理解し、訴求できているか?
  • 検索するキーワードを洗い出せてるか?
  • エンド顧客のニーズ・悩み・痛みを理解してるか?
  • 広告の特性に合わせたコンテンツか?
サービス訴求を適切に表現できるノウハウはあるか

WEBサイトの企画を決めても、デザイナーがサイトデザインやサイト設計に落とし込めないと企画の意味がありません。
マーケターからの企画意図を汲み取り、それをデザインに落とし込む能力が必要不可欠です。特にランディングページのデザインを制作するには、デザインだけではなくコピーライティングも含めて豊富な知識が必要になります。



クラインでは年間約100サイトを制作する傍ら、外部講師を招いた勉強会や社内ナレッジのシェア文化があり、経験と知識が豊富なデザイナー・ライターが在籍してます。




WEBデザイン依頼のポイント
  • 業界のトレンドや進化などに適応できる知識
  • 幅広い業界のデザインを分析する力
  • 企画をデザインに落とし込むための理解力と表現力

経験以外にも、上記のような学習を続けているかが大切です。WEBデザインは性質上、属人的な要素が強いため「どの会社に頼むか」よりも「誰に頼むか」が重要だと言えます。

PLAN

ランディングページ制作のプラン

フェーズ1アイコン
第1フェーズ
企画立案

企画ではお客様からヒアリングした情報を元にリサーチ・分析を行い、
サイトの目的を達成するための戦略、要件定義、サイト設計を作成します。特に商材やサービス、エンド顧客にフォーカスをすることで訴求がズレにくいサイトを制作致します。

           企画立案ではターゲットから得た情報を元にキーワード設定、アカウントのセグメント、潜在顧客の選定を行います。その後それぞれにふさわしい広告媒体を用いて広告をかけます。広告をクリックした顧客がランディングページへと遷移し、お問い合わせや資料請求と言った次のアクション平移行します。 企画立案ではターゲットから得た情報を元にキーワード設定、アカウントのセグメント、潜在顧客の選定を行います。その後それぞれにふさわしい広告媒体を用いて広告をかけます。広告をクリックした顧客がランディングページへと遷移し、お問い合わせや資料請求と言った次のアクション平移行します。
納品物
  • 見積書
  • 提案資料
  • スケジュール表
  • ワイヤーフレーム
フェーズ2アイコン
第2フェーズ
コピーライティング

企画提案で決まった企画を元にコピーを作成させていただきます。ここでは、ランディングページに精通しているスタッフが、キャッチコピーやクロージングコピーを丁寧に作り込みます。

ランディングページはページ上部に「キャッチコピー」、中盤に「ボディコピー」、最後に「クロージングコピー」と言った構成になっています
  • キャッチコピー

    これが何のページでどんな結果になるかを明確にして、惹きつける

  • ボディコピー

    強みや売りをわかりやすく魅力的に伝え、ターゲットに訴求する

  • クロージングコピー

    今購入しなければいけないと誘導し、コンバージョン率を上げる

フェーズ3アイコン
第3フェーズ
デザイン・コーディング

企画提案で決まった内容とコピーライティングを使ってデザインに落とし込んでいきます。ターゲットに訴求できる最適なデザインを制作します。

コンセプトメイク

デザインでどのように問題解決するのかを考えます。

コンセプトメイクをしない表層的なデザインは問題解決にはつながりにくいです。
 三角形アイコン
ビジュアルデザイン

コンセプトを判断基準に、実際にデザインを制作します。

ビジュアルデザインのアイコン
納品物
  • デザインデータ
  • 請求書
フェーズ4アイコン
第4フェーズ
運用

運用では作っただけで終わりにせず、デザインの効果測定と改善を行います。広告やアナリティクスなど定量分析、ヒートマップなどの定性分析の2軸でユーザーの動きを分析します。離脱理由の仮説を立てて、ABテストを繰り返し行うことでデザインの力を最大限に発揮します。

ヒートマップ・アナリティクス
ヒートマップとアナリティクスなどの2軸で分析
ABテスト
ABテストを繰り返して検証します
納品物
  • 分析資料
  • 改善案の提案資料
CASE

ランディングページ制作の案件事例

具体的な案件事例です。初回お打ち合わせから提案、制作から納品とフォローアップまで。
クラインのスタッフがどんな工夫を行い制作しているのか。お問い合わせ前にぜひご覧ください。

coming soon...
FLOW

制作・運用までの流れ

STEP.1


お問い合わせ

お問い合わせフォームより必須項目を入力しご連絡ください。

STEP.2


ヒアリング・打ち合わせ

対面やオンライン通話でお客様のご要望やお悩み・課題をヒアリングし、最適なご提案をさせていただきます。

STEP.3


ご契約・制作開始

提案内容に納得いただけましたら契約を締結し、実際の制作・運用を開始いたします。

CONTACT

お問い合わせ

全国対応可能です。必須事項を記載してお問い合わせください。
お問い合わせ内容を確認し、担当者よりご連絡をさせていただきます。

 

    • 会社名
    • 担当者氏名
    • メールアドレス
    • 項目
    • 添付ファイル
      ×
      詳細
      連絡手段
      希望日時

      第一候補

      日付
      時間

      第二候補

      日付
      時間

      第三候補

      日付
      時間
      相談内容
      添付ファイル
      ×
      金額
      詳細
      お問い合わせ内容